Surrounded ~ 音にかこまれた生活
音楽がなきゃ生きていけないでしょ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する
いきなりウェットン&ダウンズ
ずいぶんと久方ぶりです(^_^;)

音楽ネタができたので、軽くアップしてみようかと。


昨夜飛び込みで観に行ったライブの話なんですが...

去年オリジナルメンバーでエイジアが来日した時もすごーく気にはなっていて、仕事も何とか都合付けて行けなくもなかったんだけれども・・・
「演奏がグダグダ」っていう前評判がどうも引っかかって、いくらオリメンでもわざわざ観に行くまでもないかなあということで流した経験が。
(ハウ爺の容姿をこの目で直に見たくなかったというウワサも...)

今回のウェットン&ダウンズの来日も、パット・メセニー来日情報を年末に検索しててたまたま見つけてただけ。他に用事もあったし行く予定はまったく立ててなく...。


でも、やっぱり頭のどこかに残ってたんだろうな。
今日の今日に突然予定がスパッと変わった途端、“行くっきゃない”という声がどこからともなく降ってきて・・・行くと心に決めれば、会場に電話して開演時間や残席の確認をして会場に到着。


wetton&downes



ハッキリ言って、

行っててよかった!!!



予習は全然してなかったし、演奏自体も全く期待せず・・・個人的に思い入れのあるASIAのメンツに一度間近で会えたらなあって軽い気持ちで行ったのに。

お初に足を踏み入れたビルボードライブ福岡は、その昔ブルーノートだったのもあってステージと座席が近い!座席も、テーブル席がびっしり並んでいて食事しながらお酒飲みながら、リラックして演奏を楽しめる雰囲気。

案内された席はステージからそう遠くない真ん中。でジョン・ウェットンとジェフリー・ダウンズのどちらもよく見える♪

演奏した曲は、二人が現在組んでるICONや過去に在籍したバンドから12曲くらい。
個人的には、出会って以来100回以上はリピートしたであろうASIAの『ASTRA』から2曲も演奏してくれたのは予想外で嬉しかったー(^_^)
イントロのSEに吸い込まれそうな“Countdown To Zero”でスタート、アンコールはノリノリの“Rock And Roll Dream”で観客に手拍子を煽るし。

U.K.の“In The Dead Of Night”も、イントロでキターーー!!!
こんな間近で聴けるなんて感動...。
ものすごい練習を積んだのかもしれないけど、ジョン・ウェットンもジェフ・ダウンズもミスが少なく演奏上手いじゃん!
憂いを帯びた、哀愁溢れるジョンのヴォーカルにも生初体験でしびれます。
高音域もよく頑張って出してました。
ジェフは、Rolandのシンセを8台陳列。シンフォニックな音使いは好みだなあ。
終演後にショルキーも見掛けたけど、ライブでは使用せず。

ライブ終盤にはクリムゾンの“Starless”まで・・・もう体が震えるーーー!インスト部分は息を呑む緊張感。
会場の観客はみなさんそうだったと思う。

そうそう、主役の二人の他は、
 Gt. Vo / デイブ・キルミンスター
 Dr. / ピート・ライリー
という全く知らない若い2人。
けれどこの人選が、かえって演奏をタイトにさせたのかもしれない。

去年のエイジア来日は、演奏が×だったっていう話は何だったんだろう...。
GtとDr効果なんだろうか。

ASIAやキンクリなんかのバンド名義じゃなかったのが、足枷もなくあれこれ選曲できて盛り沢山の内容になったんだろうな。。。。

えっ、一時間で終了。。。 。

客席では10分くらいずーっとアンコールの手拍子が続いてたけど、結局そのままサイン会に。

道端で出会ってもきっと気付かないであろう2人から、サイン頂いて一緒に写真にきっちりおさまってもらいました(^_^)
(中学生ん時から、少なくとも“音”だけは崇めていたんだよ!)


何度も言うよー、

行っててよかったーーー!!!

(フィーは高いし時間短いけど)


拍手する

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://surroundedmusic.blog27.fc2.com/tb.php/89-edc50525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。