Surrounded ~ 音にかこまれた生活
音楽がなきゃ生きていけないでしょ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する
DT大阪公演その3
前回のレポは、あまりに自分のミーハーぶりをさらけ出し過ぎていました~。
しかも、いい音さんにトラバしていただいたおかげで、細々と書いていた弊ブログへのアクセスが急増し、私の下手な文章を沢山の方に読まれているかと思うと、非常にお恥ずかしい限りです。

音に関するコメントが少なかったことも反省。
家でDREAM THEATERを聴くときは結構“聴き入って”いるので、アレンジやら音色やら細かい部分に神経を注げます。これがライブでは目の前の映像付き(?)なので、音を全身で感じられる上に、全編通して自然に口パクで歌ってしまい、ライブ特有のノリと曲の雰囲気に飲まれがち。

特に今回はステージが間近だったせいもあり、今までならステージ遥か遠くからぼんやりとしか見えなかったパフォーマンスが、ハイビジョン録画のように鮮明に脳裏に焼きついているので、音のレポが疎かになってしまいました...。

でも、申し訳ないですが、今回は完全に自分の世界に篭ってm&g体験を書かせてもらいます。
(あくまで、自分の体験の記録です。)
以下、非常にお恥ずかしい内容で、お読みになられたら、かな~りヒクと思われます。最初に謝っておきますね。

★M&G

ライブ終了後、事前に指定されていたホール内のエリアに行くと、スタッフから「ここに列をつくって並べ」との指示。一瞬並びかけたけど、ライブ中立ちっぱなしで腰痛かったので、座席に腰掛けて待機しててもいいか尋ねるとOKの返答。
その後、参加者全員に着席して待つようスタッフが呼びかけていたんだけど、m&gまでかなり待つことになったから、後で考えると列作って立ったまま待たせようとしてたなんて酷すぎ。

この時点では、てっきりバックステージでm&gするものと信じてた。けれど、今回m&gお世話係のJさんが、カメラをホールの通路にセットし始めたものだから、あれれ、こんなところでするんですかと内心驚く。

メンバーが現れるまでの時間、実際は20~30分位だったと思う。その間、事前に考えていた質問や話しかける内容を頭の中でシミュレーション。とにかく緊張緊張。ステージ上では、機材の撤収が、見た感じ100人くらいのスタッフで慌しく行われている。あれれ、どこからかスクリーンが出てきた。やはり何らかのトラブルで使われなかったのか。

Jさんが通訳付きで説明を始める。
・最初に写真撮影、その後15分程度サインをもらったり自由に会話する時間を設ける。
・写真は一人2枚、3・2・1のカウントで撮る。
・来週に写真をアップしたサイトをメールで案内するので、そこからアクセスして各人でピックアップを。
・パッケージに含まれるTシャツは来週中盤以降に送付の予定。
・とにかく、あんまり時間がないので、恥ずかしがらずに積極的に話しかけて!

いよいよメンバーが現れそうな気配になると、スタッフが写真撮影のため整列するよう指示。そして...


彼らがホール脇のドアから普通に現れた!

左からJohn MyungJohn PetrucciMikeJamesJordanの順に並び(自然にこの並びになったのか事前に打ち合わせていたのかどうかは不明)、列の先頭から順に一人ずつ間に入って撮影。大体皆さんMikeJamesの間に立っていた模様。
プラチナム参加者は25・6名で、撮影が終わった者は再び列の最後尾に並ぶもんだから(これはスタッフの指示)、メンバーが長い列をチラチラ見ては「えっ、まだまだなの?」と言いたげな表情でこちらを見ていた。

そしていよいよ私の番が回ってくる。一人ずつ握手し挨拶、みんな穏やかな声で返してくれた。わ~感激!ライブ直後の握手では、単に手がカサついてるとしか感じなかったけど、まさにこの手が、沢山の人を感動させる音楽を長年創り出してきているんだと気付き、その歴史を噛みしめる。MikeJamesの間に立つと、ナントMikeが腰に手を回してきたのでドキドキ。緊張しすぎて顔引きつったままパシャリ。せっかく2枚撮るんだから、せめて2枚目は海外でやってるように、Mikeの舌出しとかフザケたポーズをとってほしかったけど、さすがにこの待ち人数とライブ直後の疲労を思うとそこまで要求できず。

撮影が全員分終わり、自由時間に入ると各メンバーの周囲に直ぐに人だかり。とにかく時間が無いらしいので、ツアーパンフにサインをもらおうと、真っ先にJamesに近寄る。ついさっきまでアグレッシブに声を張り上げていたのに、穏やかな優しい声。散々聞きなれている声の持ち主と、こうして向き合って話している今の状況が信じられない~。ライブや写真では険しい表情が多いのに、目の前にいるJamesは、かすかに口元が微笑み何という優しい眼差しをしてることか。もう失神しそう!プレゼントを渡すとすごく喜んでくれた。ステージ上では大柄に見えたけど、意外にそんな風には感じなかった。気分が高揚して完全に舞い上がっていたので、視界がボヤけてたせいなのか。

次にMikeへ、サイン後にプレゼントを渡すと喜んでくれた~。サングラスを掛けていたので表情はよくわからなかったが、かなりお疲れの様子。今回私は高めのヒールのブーツを履いていたので、目線をそれほど上げずに会話できた。

次にJordanへ。会ったら必ず言おうと前々から考えていたことを伝える。非常に満足!声も低くさすがに話し方に年配者の落ち着きがある。ここでプレゼントを差し出そうとすると、Jordanに用意していたものを先ほど間違ってMikeに渡してしまったことに気づく。訳を話すと後で交換しようとMikeに話しかけてくれたのでひとまず安心。

John Petrucciへ。他のメンバーは顔を真正面に向けて話しかけられたけど、Johnだけは目線はこちらで顔は少しそらし気味。DTの中でもJohnMikeは普段露出が多く見慣れているせいか、他のメンバーほどは緊張せず(それでもかなり緊張状態!)。見かけもごく普通のアメリカ人って感じ。でもカッコいいですよ。ステージ上では太めに見えていたけど、実際見ると腕は太いが全体ではそれほどでもない。ライブ中はヒドく勘違いしててゴメンよ~。

John Myungには、人だかりが無くなった最後に近づく。わー、お肌が艶々でキレイ。こんなに目の前にいる~。いつものように顎をちょっと上げてこちらを見ており、仏様のようなオーラが出ている。声は小さいけど、きちんとプレゼントのお礼の言葉をかけてくれた。滅多に声が聞けないのに、自分と会話してるこの状況に感極まって思わず涙が出そうになり、言葉に詰まる。すると、私を安心させるためか手を握ってくれた。あーもう、何て優しい心遣いなんでしょう~。

一通りサインはもらったけど、まだ時間は残っている様子。ここで大事なことを思い出す。昨年夏、サインを何にしてもらうか悩み抜いた末、絶対書いてもらおうと決めていたモノがあった!あまりに気分が高揚していてすっかり忘れるところだった。慌ててバッグからそれを取り出し、Jamesにお願いしてサインをもらう。あー、例えこれが壊れても一生大切にする!

気付くといつの間にかMikeJames以外は楽屋に帰ったみたい。そうそう、カバーナイトについて聞こうと思っていたんだった。ダメモトでMikeに聞くと、来週見に来いとの素っ気無い返事。教えてくれないのはアタリマエか。15日の大阪は見に行くと一応伝えた。

Jamesは最後まで残ってサインをしていて、会場を去る時には参加者の拍手が沸いた。

★後悔

  MAJESTY時代のホームビデオで荒削りな演奏を見せていた若々しい彼ら。
  “Pull Me Under”のpvで「これからブレイクするぞ」との意気込みを覗かせていた彼ら。
  10年以上にも亘り幾多の音楽雑誌に写っていた彼ら。
  ライブ映像で完璧な演奏を見せてくれた彼ら。
  そして、95年のAWAKEツアー以来、ステージ遠くからこの眼で見つめていた彼ら。

その“彼ら”が今、私のすぐ目の前にいるー!
随分前から知ってるのに、初めて会話するなんて。とーーっても不思議な感覚。
私はあなた方が若い時から見てたんですよーと言いたかった。

こんな状況で冷静で居られるはずがありません!事前に考えていたことの1割も言えなかった。
カバー曲のリクエスト、4/1NYライブ、次アルバムへの期待など、聞きたいことを色々用意していたのに、気分が舞い上がってどこか遠くにすっかり飛んでしまっていた。
特に、非常に後悔したのは、「私が十数年来のDTファンで、今日のライブもとても素晴らしかった」という、私にとっては重要な思いを伝え忘れてしまったこと。
もし、もう一度出会えるなら、これだけは必ず彼らに伝えたい。
ファンなら...きっとそう思うはず。

そして、特別な一日が終わろうとしていた...。

★さらなるスペシャル

帰りの駅に向かう際、2名の男性と偶然方向が一緒になる。話が進むうち、お一人の話す内容に何かピンと来るものがあって恐る恐る確認してみると、何とその方は以前からプログを読ませていただいていた、蹴球夢劇場のsilverさん!DT情報では前々からかなりお世話になっていたので、まさかこんな偶然があるものかと。このままDT話で盛り上がりたい気分でしたが、家で待つ家族を思い、電車の中でお別れしました。
この日はDTに会えただけでなく、silverさんにもお目にかかれた特別な一日でした。

ここ2・3日色々と忙しかったのでレポのアップが遅くなりました。まだまだこの興奮は続きそうです。

拍手する

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
感動ぶりがよ伝わる文章です。
こんばんわ。
いや~羨ましい限りですねー(~o~)文面でいかに感動したかがよくわかりましたよ(^^♪
僕もぜひ来年のライブ(やるかわからないけど)では同じ体験をしたいと思います!
そしてDT好きな人達と会話をしたいですね!(^^)!
2006/01/10(火) 23:06:02 | URL | HIRO #-[ 編集]
うらやましいです!
こんばんは。TBありがとうございました。
加えて、お褒め頂いて大変恐縮です。

マカロンさんのお気持ち、メンバーの人柄が良く伝わってきましたよ。
全然ヒクどころか、私がM&Gに居合わせたかのように錯覚しちゃいました(汗)

私は一般入場者の列でしたが、M&Gの列の横辺りだったので、お見かけしていたかもしれませんね。

15日の大阪も楽しんでください!
2006/01/11(水) 00:40:51 | URL | いい音 #j3T/fhN6[ 編集]
ホントお恥ずかしい~
>HIROさん
感動を感じ取っていただいたようで、レポした甲斐がありました。とても嬉しいです!
来年とは言わず年末にも再来日して欲しい気分です。まあ次回作が出てからなのでしょうね。とにかく、次はこの感動を是非体験してください!

>いい音さん
こちらこそ、お褒めいただいて恐縮します。
ここまで書いていいものかと思いつつ鮮明な記憶を書き綴ったのですが、ヒカれなくてよかった~。
入場の列では、高まる期待感で変にニヤけたりこわばった顔を見られてたかも知れません(^^;;
>>15日の大阪も楽しんでください!
ありがとうございます、思いっ切り楽しみます。
14日のカバー演目についてmikeがコメントしたようで、いよいよ何するか分からなくなってきました。東京公演の内容を聞いてから即予習します!
2006/01/11(水) 10:39:57 | URL | マカロン #hWGgePVk[ 編集]
コメントありがとうございました
こんにちは。
ご丁寧なコメントありがとうございました。本当、羨ましい限りです。。
俺はAnother dayを聴いて以来、殆どのCDやDVDでDTを楽しんで参りましたが、実際のライブは未体験です。何故か、仕事が重なってしまうんですよね(笑)
今後も、時々お邪魔してみますので、末永く宜しくお願いします。
尚、当方のblogにリンク貼らせて頂きますね!
2006/01/11(水) 17:27:47 | URL | hory #-[ 編集]
いえこちらこそ!
holyさんはバンドを組んでいらっしゃるんですね~。しかもバンドの花形のヴォーカル!私も遠い昔にバンドに参加していたことがあるので、現役バリバリで活動されていらっしゃるとはスゴイ!
当ブログからもリンクを貼らせていただきますので、今後ともよろしくお願いします。
2006/01/11(水) 21:37:50 | URL | マカロン #hWGgePVk[ 編集]
夢のようでしたね!
臨場感溢れるいいレポートですね。
私は気づかなかったのですが、他にプレゼント渡してた人はいましたか?
私も何か用意しようかと思いつつ、何も準備できませんでした(苦笑)
2006/01/11(水) 23:26:10 | URL | Silver #uoSKjgR6[ 編集]
まだ夢から覚めてません...
>silverさん、こんばんは。
お褒めのコメント&TBありがとうございました。
かなりプライベートなレポなので、本来なら未公開にすべきかもしれません(^^;;

>>私は気づかなかったのですが、他にプレゼント渡してた人はいましたか?
正直言って、その時間は自分のことに精一杯で極端に視野が狭くなっていましたので、他の参加者の様子は全然気にしてませんでしたっ。
他会場の状況は存じませんが、何か渡した人いたんでしょうかね?
2006/01/12(木) 00:07:47 | URL | マカロン #hWGgePVk[ 編集]
M&Gレポ楽しませていただきました
詳細なレポートお疲れさまです。
リンクしていただきありがとうございます。
私の方にもリンクを貼らせていただきました。

ライブ、M&Gでホットな気持ちでいる様子が手に取るようにわかります。
今日から東京公演が始まったので、やっと生DTを観ることができました。
私も日曜日はM&Gに行けるはずなので、今からドキドキワクワクです。
何かプレゼント渡したいけど、何がいいかなぁ・・・
2006/01/13(金) 02:27:59 | URL | Lyena #6wuyB.lw[ 編集]
駄文ですが...
楽しんでいただけたと聞いてうれしいです!
これからm&gを体験されるとはまたまた羨ましい~。毎回でもライブ後に会って感想を伝えたい位です。
私は緊張で言いそびれたことがあって後悔しましたが、Lyenaさんはそうならないように頑張って楽しんでください!
プレゼントは私も悩みました。自由時間はメンバーがサインをあちこちからせがまれるので、持ってても邪魔にならない大きさ(持ちやすさ?)のモノがいいと思いますよ。
2006/01/13(金) 09:39:36 | URL | マカロン #hWGgePVk[ 編集]
M&G写真
写真見れましたか?
(Fanfireからまだメールは届いていないのですが、知人からURLを教えてもらい見れました)
2006/01/28(土) 10:51:20 | URL | Silver #uoSKjgR6[ 編集]
ご連絡ありがとうございました!
>silverさん、こんばんは。
ご連絡ありがとうございました。
fanfireからのメールは届いていませんでしたが、知人からメールで教えてもらいました。
予想どおり、「もっと力を抜いて~」と声掛けたくなる位、めちゃめちゃ緊張して写っていました...。でも、メンバーと同じ写真に収まるなんて、夢のようです!今度もプラチナとって写真に写りたい!
2006/01/29(日) 00:02:18 | URL | マカロン #hWGgePVk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://surroundedmusic.blog27.fc2.com/tb.php/31-12681562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ちょっと見づらいですが、パンフにメンバー全員のサインをもらいました!左上:ペトルーシ左:マイキー中央:マイアング中央下:ジョーダン右:ラブリエ
2006/01/11(水) 23:15:59 | 蹴球夢劇場Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。