Surrounded ~ 音にかこまれた生活
音楽がなきゃ生きていけないでしょ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する
何が出るやらDTライブ
先日、DREAM THEATERの大阪追加公演をぴあで予約した。

ファンなら既知の事で、今回追加されたNHK大阪ホールと東京国際フォーラム2日目では、他バンドのクラシックアルバムを丸ごとカバーをすることになっている。
すでにアムステルダムとロンドンでは、PINK FLOYDの『DARK SIDE OF THE MOON狂気)』を演奏しているんだけど
PINK FLOYD自体、DTがカバーするまで全然聴いたことがなかった。

DARK SIDE OF THE MOONこの『DARK SIDE OF THE MOON』は、「全米チャートに570週にわたってランク・インするという驚異的なロング・セールスを記録したモンスター・アルバム」(from Amazon)らしく、ということは万人受け(?)する内容なのかな~と予想しつつ聴いてみたんだけど、一聴してみてどーもピンと来ない。まあ、DTのアルバムですら一度聴いただけですごく気に入ったことはないので、同じようなものかと思って3回(何とか)通して聴いてみたけど、何だか漠然とした、もやーっとした印象しか残らなかった。一人でゆっくりと落ち着いた状況で聴き込んだら癒されそうな気がするけど、今私が「聴きたい!」と思う音楽じゃあないことは確か。

こんな印象しか残らないアルバムを丸々演奏するかもしれないライブにどうして行くかというと、
「他のアルバムを演奏する可能性がある」から。

去年の大阪2日目でも、クラシックアルバムのカバーをやるとバンドは事前に予告していたものの、フタを開けてみればヨーロッパ各地ですでに演奏されていた『THE NUMBER OF THE BEAST』(IRON MAIDEN)だった。その場に居合わせた私はIRON MAIDENは予想していなかったけど、会場の大阪IMPホールの盛り上がりもスゴかったし、それなりに楽しめた。しかーし、後日驚いたのは、Mike Portnoyによると「実はDEEP PURPLEの『MACHINE HEAD』を準備していたが、同時期にDEEP PURPLEが来日することを知って急遽変更した」というので、もしかしたら今回は当時準備していた『MACHINE HEAD』を披露することになるかもしれない!!!

FRAGILEホンネを言えば、YESの『FRAGILEこわれもの)』かRUSHの『MOVING PICTURES』を心底(声を最大限にして)願っているんだけど、まあ、他バンドの曲を丸々カバーすることを全く知らないオーディエンスのことを考えると、“Highway Star”や“Smoke On The Water”、“Lazy”などなど知らない人はいないであろう(笑)名曲の数々の方が断然ライブで盛り上がるんじゃないかなぁ。
さらに欲を言えば、『LIVE IN JAPAN』の完全再現で“Child In Time”を変則技で演ってくれたら、それはもう、感激のあまり失神するかもしれない.....。

今日のブエノスアイレスで行われるライブもカバーナイトなので、何が演奏されるかによって日本の運命も少なからず予想がつくでしょう....か?

と、心の中ではこんなに盛り上がっているのに、いざ発券してみると、とんでもない後方隅っこの席でがっかり。
ま、大阪1日目では最前列のハズだし、これはこれで全体を見渡せるということでよしとしよう。

拍手する

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://surroundedmusic.blog27.fc2.com/tb.php/14-d5373c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。