Surrounded ~ 音にかこまれた生活
音楽がなきゃ生きていけないでしょ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する
核兵器のない世界
核安全保障サミットが開幕

 【ワシントン草野和彦、野口武則】オバマ米大統領が主宰し、世界47カ国と3国際機関が核テロ防止と核物質管理について話し合う核安全保障サミットが12日夕(日本時間13日朝)、2日間の日程で開幕した。大統領はサミットを通じ「世界をより安全にする各国の具体的な行動」に期待を表明した。(中略)サミットは、大統領が唱える「4年以内の核物質の国際管理」への協力を取り付けるのが狙い。背景に「国際テロ組織アルカイダが核兵器入手を狙っている」(オバマ大統領)との危機感がある。

 サミットでは、核兵器に使われる高濃縮ウランと分離プルトニウムを対象に、テロ組織による入手を防ぐための取り組みを確約する政治声明と、それを具体化した作業計画の採択を目指す。




核軍縮の世界会議で、「ICBM(大陸間弾道ミサイル)やSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を何年までに何基削減....」とか謳っていた時代ではもはや無くなったんだな。。。。


とても現実に即した目標で有意義な会議だと思う。



戦略・戦術核兵器でなくても、兵器になる以前のウランやプルトニウムの核原料を、万が一テロ集団が入手してしまったら.....
そしてもし実際にテロ攻撃に使用されてしまったら.....
一般市民を巻き込み甚大な被害が出てしまう。





世界で唯一の被爆国として、日本が果たす役割は大きい。





2月に長崎に行った際、原爆資料館や平和公園を巡ってきました。
昔長崎に住んでいたくせに、原爆資料館に一度しか足を運ばなかったことを後悔して。
平和ボケしている自分に喝を入れる為に、かな。


資料館には目を覆いたくなるような遺品がありますが、これが原爆の現実。




被爆者の方々の話を直接お伺いしたこともあります。
涙がいくらあっても足りないほど、悲惨な話です。


でも、皆が皆、証言を聞ける機会があるわけじゃないし。





そういえば“アバター”のジェームズ・キャメロン監督の次作は原爆がテーマらしい。
先日プロモーション来日した際、長崎にわざわざ足を運んだとのこと。
キャメロン監督のヒット作“ターミネーター”も、核戦争勃発がストーリーの背景にありましたね。


知らない人間には、ビジュアルで訴えるのも効果的。
“T2”でも、核兵器が実際に使われる恐ろしい場面がありました。
監督には、原爆の恐ろしさを、知らない人間の想像力に働きかける映像を、丁寧に、作ってほしい!




会議を、机上の空論に終わらせない為にも、
原爆の恐ろしさを、知っている人間が、伝えていかなければならない。
それは、日本人だからこそできる。


拍手する

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://surroundedmusic.blog27.fc2.com/tb.php/127-412cd8f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。