Surrounded ~ 音にかこまれた生活
音楽がなきゃ生きていけないでしょ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する
いろ、色、color
幼い頃、ひらがなをおぼえるのに五十音図のおもちゃが家にあった。
最新のおもちゃみたいに、押すと電子音で「あ!」とか言うんじゃなくて、薄っぺらいプラスチックのボタンを押すと、ボタンの上部から、その音で始まる言葉の絵が描かれた小片が飛び出す、とてもシンプルな構造のものだった。
「い」を押すと犬の絵と「いぬ」と書かれたものが飛び出るという風に。
そして、文字ごとに小片の一部が次のようにカラーリングしてあった。

   「あ」の段・・・・・赤
   「い」の段・・・・・黄
   「う」の段・・・・・青
   「え」の段・・・・・緑
   「お」の段・・・・・はっきりと憶えてないけど紫系

この色分け自体、おもちゃの製作者にとっては何の意図するところもなかったにちがいない。
けれど、私のその後のモノの見方には少なからず作用したようで.......

学校でも、職場でも、新たに出会う人の苗字が「あ」から始まると、例えば荒木さんや足立さんは赤いイメージ、伊藤さんや井上さんは黄色のイメージを今でも思い浮かべてしまうようになった。
この法則は、「あかさたな~」の段だけは各音ごとにイメージが微妙に違うけど、他の段には大体引き継がれる。

さらに面白いことに、アルファベットでも同様な法則が出来てしまう。

   「A」・・・・・red
   「I」・・・・・yellow
   「U」・・・・・blue
   「E」・・・・・green
   「O」・・・・・purple

例えば、バンド名でもALCATRAZZやAYREONは「レッド」で
EnyaやEMERSON, LAKE & PALMERは「グリーン」。
OSIやOPETHは「パープル」かぁ...何だがピッタリ。

今気づいたけど、AEROSMITHの日本語表記は「エアロスミス」だから「え」の「グリーン」でもいいけど
「A」から始まるから赤のイメージなんだ!
それにYngwie Malmsteenは「Y」だけど、日本語表記は「イングヴェイ」だから「イエロー」が思い浮かぶんだ!.....新・発・見。

他人に何の得にもならない思考の分析を披露してどうするんだーと思うけど、
こうやって文章にしてみると、何となく感じていたことが案外法則に則っていることがわかり
とっても満足。

こんなに色に興味あったのに今の今まで色彩検定受けてなかったなんて、
遅すぎ

拍手する

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://surroundedmusic.blog27.fc2.com/tb.php/11-638558d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。