Surrounded ~ 音にかこまれた生活
音楽がなきゃ生きていけないでしょ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する
a-haが解散だなんて。。。
私が洋楽に片足を突っ込み始めた中学生の頃、出会ったのがa-haでした。


1stアルバムの“Hunting High And Low”は1年以上にわたって寝起きの音楽で、輸入盤のカレンダーを部屋に飾ったり、透明下敷きにモートンのピンナップを入れたり。


まさにアイドルでした。。。。。

Hunting High And LowHunting High And Low
(2006/11/22)
a~ha

商品詳細を見る


ルックスもさることながら、モートンのファルセットヴォイスや独特の哀愁漂うメロディが、彼らを一発屋のポップバンドで風化させてしまわず、25年もの息の長いバンドに押し上げたんでしょう。


あの有名なリフを耳にしたことの無い人はいないはず。
“Take On Me”のミュージックビデオは今見ても斬新で、永遠のポップソングです。




a-haで一番好きな曲が、タイトルトラックの“Hunting High And Low



透明感のあるシンセサイザーの音とモートンの声が切なく、凍てつくフィヨルドの海を思い起こさせます。
私が北欧への憧れを抱く切っ掛けになりました。


それにキーボードという楽器に興味を持たせてくれたのもa-ha。
マグスがYAMAHAのDX-7を弾いているのをテレビで見たのを切っ掛けに、後々手に入れることになります。


来月25日には東京でコンサートがあるというのに、、、観に行くのは難しいけれど。。。


オフィシャルHPでは次のコメント

We've literally lived the ultimate boy's adventure tale, through a longer, more rewarding career than anyone could hope for.
Doing this now will give us a chance to get more involved in other meaningful aspects of life, be it humanitarian work, politics, or whatever else - and of course through new constellations in the field of art and music. We are retiring as a band, not as individuals.
Change is always difficult and It is easy to get set in one's ways. Now it is time to move on.'

モートン、ポール、マグス・・・それぞれが音楽以外の道でも、人々に笑顔と幸せをもたらす活動を続けてくれるよう願っています。

a-ha
vo:モートン・ハルケット Morten Harket
g、key:ポール・ワークター=サヴォイ Paul Waaktaar-Savoy
key:マグネ・フルホルメン(マグス) Magne Furuholmen

拍手する

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://surroundedmusic.blog27.fc2.com/tb.php/106-58560c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。